プロフィール

フォトアルバム

とこ

犬嫌いだった私がチャムを育てられてるのも、リクガメと水生カメの区別もつかなかったのに、なんとか?ジュリアが生きてるのもネット情報のお陰です。 私の経験もどなたかの参考になればいいなと思います。 離れて暮らす親がこのブログを楽しみにネット社会に触れて身近に感じてくれたら、そんな思いを込めてこれからも細々と続けていくつもりです。リンクフリーです。どうぞよろしくお願いします。 カギコメ機能がないのでお気軽にメールください⇓

Powered by Six Apart
Member since 06/2012

新着記事

ゲーム

« 芥屋の大門まつり納涼花火大会 | メイン | かわいい子供山笠~なめこ »

2012年7月24日 (火)

逆くしゃみと誤飲

昨日はフロントラインとフィラリアのお薬をもらいに浅野動物病院に行きました。そこで許可をいただいたので書きます。ここの動物病院昔からあって、家からも近いんです。

でも公式HPもなかったので敷居が高くて、HPのある動物病院に行ってました。

動物病院も色々、始め行ったところは少し遠いいのですが、子犬の幼稚園もあって、優しい看護師さんもたくさんいて、お気に入りだったのですが、滞留睾丸の去勢手術はどうしても入院と言われて、違う病院にしました。(詳しくは去勢手術の記録にてhttp://tudukukana.blog.bbiq.jp/blog/2012/07/post-cbc4.html

去勢手術をした病院は先生も3人いらっしゃって、嬉しい年中無休shine

そろそろお薬をもらいに行かなくちゃと思っていた5月の連休明け

いつもの朝のお散歩良く行く公園いつものように元気にはしゃぐチャム

葉っぱがたくさん生えてきたね・・・嬉しそうにぱくっとするチャム

帰ってご飯はん半分食べてから・・・・・吐きました

以前あった黄色い胃液ではなく、朝ごはんそのまんま

尻尾下げて小屋に入ってぶるぶるしてます

ときどきゲーとかしてます




YouTube: 逆くしゃみと誤診された

急いで行きつけの病院に4番目の順番待ちでした

なぜ?どうみても様子へんでしょ!家の子急患でしょ・・・なのにフロントラインだけの子が先なの?

やっと順番・・・若い先生が聴診器もあてずに、これは逆くしゃみですね。この子の体質です、急になるもんなんです。今はびっくりしてますけどそのうち慣れて大丈夫ですよ。

苦しんでますよね。これがずっと続くんですか?くしゃみの出る前ってそんなに苦しくないでしょ。暴れたりしたら発作として出ます。今日はおとなしくさせといてください。で終わりました。

帰ってから、ずーっと逆くしゃみについてネットで調べいていました。対策らしい対策はありませんでした。

18時帰ってきたパパに報告。パパはチャムが助けてと訴えてると言って、私たちはもう一度今度は近所の浅野動物病院に連れて行きました。

色々聞かれました。お散歩のルートとか、そういえば車の中でくしゃみしてたのも思い出しました。草も食べてたことも・・・そこで口を開けてみてくれたけど何も見えませんでした。

先生は麻酔掛けて内視鏡でみてみましょうとおっしゃったのでお任せすることにしました。

20時半頃電話があって、草が鼻の裏に入っていたとのことでした

20120510
左携帯電話と折れ曲がって入っていた草!!!

まさか!!!と思ったけど確かにこんな草食べてた・・・

麻酔から覚めたチャムはパパに抱かれてけろっとしてました

先生は内視鏡が食道に入って胃の入り口まで見て何もないと戻って鼻の裏側に草を見つけるまでの内視鏡映像を見せてくれました

P1080300
保険入っていたので、助かりました。

考えて考えて・・・逆くしゃみと診断した先生に電話しました。良かったですねと言っていただけました。ちなみにその病院内視鏡はないそうです。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/576963/29418679

逆くしゃみと誤飲を参照しているブログ:

コメント

草も怖いですね~。
よく、除草剤でお腹を壊すワンコの話は聞くけど
こんな風に、鼻の裏に入って苦しむという話は、初めて聞きました。

はじめの病院では気づかれなかったということは
珍しいことなのかな~。
でも、早めに決断して
違う病院に連れて行ったのは、正解でしたね。
私なら、どうしたかな…。
大丈夫と言われたら、様子を見たかも。

でも、小さい子はあっという間に急変するというから
おかしいと思ったら、迷ってる暇はないですよね。
ホント、こういう話を聞くと、他人事じゃないので
勉強になりました。

チャム君は、もう大丈夫かな?

こんぐさん
コメありがとうございます
チャムは取り出したらすぐ治って、けろっとしてました。
せめて1回目の病院で、誤飲してるかもしれないから、内視鏡のある病院で診てもらってくださいと言ってほしかった。
(実際内視鏡持ってない病院も多いそうです。)
体質的なもので急になって一生続くなんて。。。草がもう少し小さいものだったら、粘膜にへばりついてるうちは何とかなって、ちょっと浮くと逆くしゃみ・・・
逆くしゃみと診断され、そのままになってる子が多いのではないかと書いてみました。
自然と出てくることもあるでしょうが、長い事入ったままなら、炎症も起こすでしょうし、チャムの場合は入っていた大きさからいっても、衰弱してしまう可能性の方が高かったと言われました
麻酔掛けて内視鏡入れて何もわからないこともある
もし見つからなかったら、高い治療費だけ取って・・・と思うかもしれない
正直私はチャムがぐったりしているのに、初めの先生の説明とネットで調べても対処法がないということから、そういう体質だったんだ可哀想に、早く慣れるといいねと納得してしまっていたのです。
パパが他の病院いくぞと言わなければ・・・いまでもぞっとします。coldsweats02

逆くしゃみっていうのがあるんですね!
初めて知りました。
チャムくんは葉っぱが取れてよかったですね。
うちの太郎も最初は気管を何かが塞いでいるのかというような症状でしたが、結果としては吐き気だったのかと思います。
今はすっかり元気になりました。

コメントを投稿

カウンター

  • かめカウンター

エントリーしてます

犬図鑑

アクセスランキング