プロフィール

フォトアルバム

とこ

犬嫌いだった私がチャムを育てられてるのも、リクガメと水生カメの区別もつかなかったのに、なんとか?ジュリアが生きてるのもネット情報のお陰です。 私の経験もどなたかの参考になればいいなと思います。 離れて暮らす親がこのブログを楽しみにネット社会に触れて身近に感じてくれたら、そんな思いを込めてこれからも細々と続けていくつもりです。リンクフリーです。どうぞよろしくお願いします。 カギコメ機能がないのでお気軽にメールください⇓

Powered by Six Apart
Member since 06/2012

新着記事

ゲーム

« 洗ってみました | メイン | 2015お盆①娘一家がやってきた »

2015年8月15日 (土)

戦後70年にできたこと

戦争の悲惨さをTVでみた

日本人の誰もが戦争はしてはいけないとわかっている

攻められたときのための軍備が必要か戦争体験者にアンケートをとる番組はなかった

今の時代実戦になれば、心的外傷後ストレス障害(PTSD)対策として、攻める方は遠隔操作でゲームのように進行させていく番組を見たことがある

準備ができていたら、考えているより簡単に戦争ははじまってしまうかもしれない

準備ができていなかったら、島国は簡単に消滅してしまうかもしれない

たまたま里帰りした娘に話してみた

娘の旦那さんの親はもう戦争を知らない世代

だから

あなたのおばあちゃんは学童疎開を経験した。あなたのおじいちゃんは東京空襲の中逃げ回った。空襲は都会だけでなく、福岡のおばあちゃんの田舎にもあった。糸島にもあった。福岡のおじいちゃんは空軍に入って、厳しい訓練を受けて飛行機に乗る前に戦争が終わった。だから福岡の空襲は体験していないけど、二つ下のおじさんは、布団を濡らして空襲の中逃げ回った、逃げ込む防空壕がなくって逃げ回ったから、助かったのかもしれない、防空壕に入れた人たちはかなり死んだ。って言っていた

おばあちゃんの手紙もう一度読んでみて。それくらいしか伝えられない。それくらいしか知らないから。

戦後70年にできたことがそれだけ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/576963/33513163

戦後70年にできたことを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

カウンター

  • かめカウンター

エントリーしてます

犬図鑑

アクセスランキング