プロフィール

フォトアルバム

とこ

犬嫌いだった私がチャムを育てられてるのも、リクガメと水生カメの区別もつかなかったのに、なんとか?ジュリアが生きてるのもネット情報のお陰です。 私の経験もどなたかの参考になればいいなと思います。 離れて暮らす親がこのブログを楽しみにネット社会に触れて身近に感じてくれたら、そんな思いを込めてこれからも細々と続けていくつもりです。リンクフリーです。どうぞよろしくお願いします。 カギコメ機能がないのでお気軽にメールください⇓

Powered by Six Apart
Member since 06/2012

いくつになったの

ブログ村

« 雪は積もらなかった | メイン | 西公園 »

2018年2月15日 (木)

バセドー病甲状腺準全摘手術

14時から入院した日は快適に過ごしてました
翌朝から点滴
9時から手術で
その日は管につながれっぱなしの回復室
きつかった
としか言いようがない
何回か吐いて縫った跡が怖かったけど
でも骨折で入院した時よりはずっとまし

手術翌日の首に繋げてた管を抜いて
病室に戻ってから撮影しました
痛々しいです
でもテープだけ

朝ご飯こそカロリーメイトのゼリーとプッチンプリンとリンゴジュースでしたが
昼はコレ
卵スープが少しむせて
おかゆも三分の一も食べられず

夜はもう殆ど普通
おかゆとサラダ以外は完食できました

手術翌々日の朝はサンドイッチ
卵サンドしか食べられず
ヨーグルトは食べました

朝ごはんの後
首から下のシャワーを浴びて
付け替え
テープだけ
溶ける糸だそうです

お昼は高菜チャーハン
もろお弁当
殆どたべれなかった
ここはクリニックなので
今日で退院できます
本当は隣の病院に何日か転院するつもりで行ったけど
また採血やレントゲン心電図取りますと言われて
やっぱり転院するのやめて車運転して(5分)家に帰ってきました

なんだか朝より腫れてるなあ
私ケロイド体質なんです
平成21年6月から飲み続けていたメルカゾールにおさらばして
反対の作用のあるチラージンと一生のお付き合いです

アイソトープだとしばらく赤ちゃんが抱けないし

再発の可能性もあるというので手術にしたけど

当分重いもの持たないで下さいって・・・・!?

娘妊娠7ヶ月で孫1歳4カ月12キロ近い・・・・

確かに何するにも首に力がかかってる・・・・

自分頑張ったご褒美


にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/576963/34107207

バセドー病甲状腺準全摘手術を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

カウンター

  • かめカウンター

エントリーしてます

犬図鑑

アクセスランキング